中村の考え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャズを中心に、ピアノの技術についての考察

ジャズを中心に、ピアノの技術についての考察

たまにピアノの技術についての質問を受けることがある。
技術的にうまいという事はどういう事なのか?

ピアノという楽器と、他の楽器が大きく違うところは、音色をよくするための訓練というものが存在しないという点です。
他の楽器は、音色の品質向上に直接的につながるエチュードが存在する。
例えば、管楽器のロングトーン、打楽器のシングルストロークの練習、歌のボイストレーニング、弦楽器のボーイング、等。
それらの主目的は音の品質向上の為のものだけではないかもしれないが、直接的にそれと深く関わるだろう。

ところが、ピアノにおいて、あらゆる練習は、音色の品質向上には直接的に関わらない。

ピアノという楽器は、僕が弾こうが、ホロヴィッツが弾こうが、猫が弾こうが、10グラムの重しを鍵盤に乗せようが、単音においては、同じグラム数の圧で押さえたとしたら、理論上同じ音がなる楽器だからである。

ピアノという楽器は、発音部分である弦に接触している部分はハンマーであり、そのハンマーが弦を打弦する角度や位置は変える事が出来ないからだ。

ただし、二音目を出した瞬間にそのバリエーションは無数に広がり、その差異で音色の品質を生みだすことが出来る。
つまり、二音目からしか音色の違いを表現することの出来ない楽器なのだ。

しかし僕のピアノの音と、ホロヴィッツの音、僕の生徒レベルの人の出す音色は、全然違う音に聞こえるはずだ。

何故なのか??

ピアノの音色は、音楽的イメージ力によってのみ品質を向上することが出来るのだ。
そしてそれを裏付ける、総合的な技術力が要求される。
僕の調律師は、僕の音、特にピアニシモの音は、世界一流レベルのクラシックピアニストの音の品質のレベルだという。しかしその人たちと、僕が同じぐらいピアノの技術があるという訳ではない。
僕は僕の音色イメージを持っていて、それを体現するだけの総合的な技術力があるという事だ。

ある程度いい音を出すためには技術は必要だが、ピアノの音色は、ピアノの技術的な上手い下手とは、直接的には関係がない。
僕は正直に言うと、ピアノはそんなに上手くないです。


ジャズピアニストで誰が一番上手いか?そういう質問をたまにされる。まあそんな大した意味のある質問ではないのだけど、それにしても非常にこたえにくい質問だ。

馬鹿テクサックス奏者、馬鹿テクギタリスト、馬鹿テクドラマーなどはこの世に数多いるが、馬鹿テクピアニストというくくりをあまり聞かない。

あらゆるサックスの技術の粋を集めたジャズサックスプレイ、というものは実際に存在する。
しかし、あらゆる技術の粋を集めたジャズピアノプレイ、というのはあまり存在しない。というか僕は知らない。

ジャズピアノを演奏するために、ピアノ技術はそれほど必要ない。
解りやすくいうと、ジャズピアニストで最も技巧的な演奏をしているであろうアートテイタムの演奏の完全コピーをするよりも、ラフマニノフや、カプスーチンの曲を演奏するほうがはるかに困難だ。
キースジャレットの演奏の完全コピーをするだけならば、音大受験前の高校生でも容易く出来ると思う。

誤解のないように言っておくが、キースジャレットがその辺の高校生レベルの技術しかないといっているのではない。

ジャズピアノはそういう意味で、技巧的な音楽ではない。

だからその質問には答えにくいのだ。その人の本当の技巧が、表に現れずらいのだ。

僕自身がコピーをしていて最も困難であったのはバドパウエルだ。だけど、パウエルがジャズピアノ史上最も技術があるピアニストであるとは到底思えない。
彼は、元来サックスで考案されたビバップのイディオムを、そのままピアノに移行している。だから、運指に無理があるのだ。だから、パウエルフォロワーといわれるようなピアニストの演奏は、ワンクッション客観的な人間の思考を経ているので、明らかに合理的に改良されていて、弾き易い。
おそらくチャーリーパーカーの演奏よりも、彼の演奏をフォローしている人のコピーのほうが遥かにやりやすいはずだ。



さて、ピアノの技術とはどういう事を指すのだろうか?
ピアノの技術的困難は大きく分けて三つある。
各指の独立、指のストレッチ、親指の転回、この三つだ。

完全に各指が独立して動くことは、実はかなり困難なことだ。かなり用心深くその指だけを動かそうとしても、別の指の筋肉の助力を借りて動かしている、という事はよくある。

指のストレッチとはどういう事か?三度以上の開きを隣り合わせの指で行う事をストレッチという。
ハノンの一番、僕は大変に困難であると考えている。いきなり左手の5指と4指が三度のストレッチから始まる。これは難しい。本当にハノンの一番を、忠実に演奏しようと思えば、であるが。

親指は他の指と違う付き方をしている。一目瞭然だと思う。ゆえに黒鍵が存在する。その取り扱いが難しい事は説明するまでもない。スケールの時に、親指に転回するとき、そこに不必要なアクセントが付くことはピアニストなら誰しもがが経験したことだろう。そこと格闘しなかったピアニストはいないだろう。

僕の基礎的な練習は、この三つをクリアーするための自作のエチュードをやる。
僕のエチュードは、演奏するだけならば誰でも演奏できる。だけど、その練習方法を本当の意味で完璧に演奏しようとすると、途方もなく困難であることが分かるだろう。
あるベーシストが僕の単純なウォームアップを少し馬鹿にして真似して見せた。僕はそうではない、こういう力配分でそれを演奏しているんだと説明した。その人はその奏法では全く出来なかった。馬鹿にしたことをわびていた。まあ冗談の話だが。

ピアノの技術的な困難は、求める気になれば、表面的に如何にシンプルな事柄であったとしても、いくらでも求めることが出来るのだ。

ルドルフゼルキンは信じられないほど下手くそにCのメジャースケールを練習するらしい。それは、どこまで行ってもCのスケールに自身のテーマを求めることが出来るという証であろう。

比べるのもおこがましいが、僕の調律師曰く、僕ほどウォームアップの音が汚い人も珍しいという。
流暢にスケールを演奏することはすぐにでも出来る。だけど、そのスケールの中に、様々な技術的な要素を求めつつ練習すると、流暢に演奏することは出来ないはずだ。


ピアノとは技術の体系が限りなく単一な楽器ではないかな?と思う。
例えば、以前にもどこかに書いたが、イングヴェイマルムスティーンのギターの技術と、トニーニョオルタの技術、これは単純に比較できるものではないと思う。
ドラムもそうだろう。エドシグペンのドラムと、オマーハキムのドラム、トミーリーのドラムをどれがうまいのか、比較するのは困難だろう。
様々な楽器には、複数の技術体系が存在するように思う。
だけど、ピアノは、仮にホロヴィッツを技術的頂点として仮定するならば、そこからずーっと一直線上に技術力というものの高低が存在するように思う。
無論、音楽に現れる個性というものは千人千様だ。けど、技術という意味においては、ジャンル問わずあらゆるピアニストを比較することが出来るように思う。
先ほどいった話と矛盾するようだが、僕は、ジャズピアノを弾いているキースジャレットを聞いているだけでは、彼がどれほど「上手い」のかは、解らないという事だ。


それはピアノという楽器の持つ合理性、いい方を変えるならば、楽器としての完成度の高さ、更に言い方を変えると、機械性の占める割合の高さ、更に言うと、楽器演奏に占める、「人間」の割合の低さゆえに、そうなっているのではないかなと思う。
トランペットなどは楽器演奏に占める人間の割合は、8割ぐらいなのではないかな?
楽器は拡声器だ。
ピアニストは、ピアノという機械を操作するオペレーターのようなものだ。

色々書いた事をすべて否定するような事を最後に書く。

ピアノの音は、一音で絶対に他人と違う音を出すことが出来る。そういう技術は、本当はある。
でも、残念ながらそれを言葉で説明することは出来ない。






スポンサーサイト
  1. 2017/09/12(火) 00:50:45|
  2. ピアノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピアノのペダリングについて。

ピアノのペダリングは奥深い。
ペダルの踏み方を知っているピアニストは少ない。ジャズのミュージシャンは特にだ。
ジャズライブハウスのペダルは本当にひどい状態になっているのが多い。
ペダルの踏み方を言葉にするのは難しい。が、まあ頑張ってなるべく言語化してみよう。

ピアノには三つのペダルがある。右から、サスティーンペダル、真中はソステヌートペダル、一番左はシフトペダルという。用途は一つ一つ全く違う。
この話は、ピアノの構造の話をしていたらきりがないので、ダンパーとハンマーの関係性ぐらいは知っている人対象として話を進めていくことにする。

ペダルは、その踏みしろを調整する必要がある。僕がライブの時にピアノの裏を触っているシーンを見たことがある人は多いだろう。あれはペダルの踏みしろを調節している。
僕がベストだと思っている踏みしろは、サスティーンペダルは紙一枚分遊びを作る。シフトに遊びがあってはいけない。基本的にソステヌートペダルはオンオフのスイッチなので、微妙なペダル操作は必要ないので踏みしろの調節は必要ない。が、軽く踏んで効果を発動する調節にしておいてくれるととても助かる。

サスティーンペダルのハーフペダルは、完全にダンパーを外してしまうだけではなく、ダンパーがが軽く弦を触っている状態を作ることにより、弦の減衰を通常より早めることが出来る。
結局ペダリングの話がしづらいのは、音楽のイマジネーションの再現のためにペダルはあり、ペダリングはある。ペダルを踏むための技術はない。だから、イメージを理解できる人にしか話せない。
ペダリングのイメージは、音色イメージに直結する。ピアノの音色づくりもペダリングも、技術ではない。イメージだ。

多くのピアニストは、サスティーンペダルを、音を繋ぐものだと思っている。音を繋ぐのは指の仕事だ。サスティーンペダルは響きを連続させるために使う。
例えば、バラードで、CmからF7へコードが変わるときに、多くのピアニストは、F7を弾いた瞬間にペダルを離して踏み変えるはずだ。
僕は違う。Cmの時に踏んでいたペダルは、F7を弾いてから踏み変える。
つまり一瞬僕の目の前のピアノの音は、CmとF7が混ざって聞こえる。つまり濁って聞こえる。
だが、ピアノから離れたところで聞くと、響きが連続して聞こえる。前者の踏み方だと、ピアノの響き全体が一旦途切れることになる。

前述した、サスティーンペダルに遊びが必要な理由は、遊びが少しあるほうが、ハーフペダルを踏み易いからだ。車のハンドルに遊びがあるほうが細かなハンドリングが出来るのと似たような理由だ。
ハーフペダルの使い方は、多岐にわたる。。ハーモニーを徐々に切り替えていくような時に濁りすぎてしまうのを避けるために使ったり、フォルティシモのアタックだけが欲しい時、響きを半分捨ててしまう為に使ったり、ハーモニーの音の厚みが大きくなり過ぎるのを避けるために使ったり、それらの利用目的は音楽的なイマジネーションに深く関わってくる。
ハーフペダルなどを効果的に利用する為にも、音はしっかりと指で押さえておく必要がある。
サスティーンペダルに乗せた音と、指で押さえた音が同時に鳴っていて、ペダルに乗った音はハーフペダルで徐々に消し、押さえた音だけを残す、等という効果を作ることが出来る。
つまり、サスティーンペダルは、響きのコントロールの為にあるのだ。


多くのピアニストは、シフトペダルの存在すら知らない。
大抵のライブハウスのピアノは、シフトペダルが調節されていない。サスティーンペダルと違い、シフトペダルは遊びがあってはいけない。1ミリ、いやその1/10の単位で無段階に完全にコントロールできる状態にないとならない。顕微鏡の倍率のつまみのような精密なコントロールが要求される。
シフトペダルは、踏んでいないときにハンマーについている弦跡から、踏むことにより弦跡から外れたところを打弦する為に使う。ハンマーについている弦跡からの距離により、音色がかなり変わってくる。
最終的には3本弦の弦一つから完全に外れるまでに調節することが(ピアノによっては)可能である。
いや、厳密には隣の弦に触るまでシフトの動きを大きくすることは可能だが、そうならないぎりぎりのところまで、シフトが動くように調整するように僕は調律師にいつも要求している。
僕は、演奏中絶えず左足をシフトに乗せて、必ず何かをやっている。
理論上完全に調整されたピアノは、シフトを100%踏みこんだ状態が一番音色が柔らかくなっているはずなのだが、実際には、シフトを100%踏みこんだところのハンマーにも弦跡がついていることがよくある。ゆえに、半分ぐらい踏んだところが一番ソフトな音色になるピアノも多い。そのピアノは勿論不完全調整だ。ピアノは引き算の楽器。100%の調整から、何%引かれているか、弾くことによって調整は崩れていく。
だからある程度はやむを得ない。
僕の音色の秘密のほとんどはシフトの取り扱いにあるといっても過言ではない。

シフトを踏んだ音のほうが、踏んでない音よりも良い訳ではない。ただ、音色は多彩になる。その音の多彩さもイマジネーションを育てる。そしてイマジネーションは音色そのものを育てていく。
よくある誤解としては、弱音ペダル、と和訳される故あり、小さな音を出す為にあると思われがちだ。それは違う。僕は、シフトを踏んだ状態で、フォルテを弾くことは頻繁にある。
シフトペダルは、音色を多彩にする為にあるのだ。

ソステヌートペダルは特殊なペダルだ。通常の演奏において使うことは稀だ。
ジャズでも使う人は僕以外見たことがない。
現代音楽になって初めて使われる曲があるぐらいだ。

ソステヌートペダルは、鍵盤を押さえることにより、ダンパーが外れた状態にある鍵盤のみを、ダンパーが外れた状態を維持するペダル。
僕の使い方としては、ソロピアノ等の時、ドミナントペダル(このペダルは音楽用語で、最低音にドミナントの音が連続する状態の事をさす。トニックペダルという言葉もある。サブドミナントペダルというのは聞いたことがない)等の時に、ドミナントの音を低音に残して使ったり、即興の時に、エフェクトの為に使ったり、頻繁に踏み変えて、通常ではありえないような響きの残し方を作ってみたり、または無音の状態で任意の和音を抑え、ダンパーだけ外して、そのほかの鍵盤を弾くと、その任意の和音のダンパーの外れた弦にその音が共鳴して、不思議なサウンドを作ったりすることが出来る。
他のペダルと違い、オンオフのスイッチのようなペダルだ。ハーフペダルのような用途はほぼない。
調整されていないことが多く、踏んでも外れてくれなかったり、踏んでない音まで外れたり、色んなトラブルの多いペダルでもある。

  1. 2017/07/20(木) 23:40:43|
  2. ピアノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0