中村の考え

ピアノの音色について

ピアノの音色について

ピアノという楽器は、科学的にいうと猫が弾いてもぼくが弾いてもホロヴィッツが弾いても同じ音がなるはずなのに、全く違う音になるという不思議な楽器であります。
ピアノの音色について少しお話しいたしましょう。
全ての楽器の中で、音色を良くする為の明確なトレーニング方法がない楽器はピアノだけだといっても過言ではありません。
ピアノの音色はイメージで決まります。後は技術的な総合力。
イメージを持つ事には勿論メソッドはありません。音楽を聴いて感動したり、日常の様々な事柄を感受するしか方法はない。
ぼくの場合は自転車で旅をしたり山登りする事もそれかもしれない。

でも、具体的にピアノを弾く時に少し意識のチャンネルを変えてみると、音色のイメージを持つことの手助けになるかもしれません。

ピアノの音をならす為には鍵盤を押さなければなりません。
ですから、ピアニストは鍵盤に意識がある場合が多いです。
が、鍵盤は操作する為のボタンに過ぎず、実際にはピアノはハンマーが弦を叩く事によって発音しているのです。
ですから、ピアニストはまず意識を鍵盤からハンマーに切り替える事が肝心です。
ピアノは唯一楽器の発音を、自分の体で直接行う事が出来ない楽器なのです。内部奏法をすれば別ですが。

さて、ハンマーが打弦する事をイメージ出来たら、次は弦を共鳴させる事をイメージしてみましょう。
ピアノは、弦楽器である、という言い方が出来るかもしれません。
特にファッツィオーリは、弦楽器である事を思わせてくれる楽器ですね。
ハンマーが弦を叩く事から弦を響かせるというイメージを持つ。

そこまでいくようになるとどんどんイメージは膨らんでくるはずです。
ハンマーの打弦のさせ方を変えてみたり、ソフトペダルを踏んでみる事によってそれは可能になります。
ピアノからは弦の音以外の様々な音がしています。ダンパーが外れる音、ダンパーが戻る音、共鳴弦の響いている音、倍音の響き、フレームの響き、また、共鳴板の木に響く音、そこまで感じ取りながら、ピアノを演奏してみると、どんどん楽しさが増して来る。
ピアノは、響かせる楽器なのです。
ぼくのピアノを生で聞いた人ならば、ぼくが、弾いた音の残響にまで意識を持ち、責任を持って演奏している事を感じ取れる事でしょう。
響きにイメージを持つと、まずペダリングが変わる。
ピアニストに限らず、全ての減衰音の楽器奏者は、今ひとつ楽器を響かせる事をイメージ出来ずにいます。
楽器を響かせるイメージを持たないと、音楽は点のままです。
楽器を響かせる事が出来て、はじめて、音は点ではなく線であり、立体になっていくのです。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/08(月) 19:14:15|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

すべての問題は、音符のレガートに関わってる。

すべての問題は、音符のレガートに関わってる。

リズムを刻む際、その音とその次の音、つまりベースでいうと四分音符が、レガートしているイメージを持つ事が、ジャズを演奏する上で、最も大事な事だ。
レガートとはどういう事かというと、音と音が繋がっていく事だ。
アーティキュレーション記号では、スラーで表記される。
レガートすることは、スウィングとも密接に関わっている。
ジャズにおけるレガートという言葉の意味は、少しだけクラシックのそれと違う。
クラシックでは、メロディーがレガートするのだが、ジャズでは、リズムがレガートする、という言い方をする。(これは極論です。勿論、ジャズでもメロディーのレガートはあるが、問題をリズムに限定したほうが、わかりやすいと思われるから、ここではそういうことにする。)
リズムの点、一つ一つがレガートしている状態を作り出すのだ。
どうすれば、レガート出来るのかは実は説明する事は難しい。しかし打音から発生するその後の空間をどれだけ意識出来るか、にかかっている部分は大きい。
点と点を繋ぐのではなく、点から発生する、響きを繋いでいくのだ。
若い音楽家達の多くはは、音の響きを意識出来ていない。殆どのリズム楽器は、減衰楽器であるから、ポイントにしか意識がいかないのだ。
故に、ピアノでいうならば、ペダルの踏み方を勘違いしているひとは多い。
ペダルを、打音を繋げる為には極力使ってはいけない。音は可能な限り指で繋ぐものだ。
ペダルの本来の用途は、響きを繋ぐ為のものなのだ。
ベースやドラムのレガートを技術的に説明するのはぼくには難しいが、響きに意識を持つべきである事は、容易に理解出来る。
ドラムはハイハット、ベースドラム、スティックで叩く場合はシンバル、ブラシの場合はスネアという、3種類の楽器で4ビートのリズムを構築する。
この強弱と、軽重だけで、大概の事は表現出来るのだ。
ハイハットのタッチ感、バスドラムの距離、ブラシの深さだけで、大抵の音楽の緊張感を彩る事が出来る。
つまり、レガートしているだけで音楽に参加する事が出来る。ということは、音楽が混沌とした時にステイ出来るということだ。そして、ステイする事によって冷静に状況を判断出来るということだ。故に、すべての問題はレガートに関わってくるのだ。
ジャズの場合は、4ビートといわれる四分音符がそのレガートの基本として考えても差し支えないだろう。
必ずしもスイングは、強いビート感から生まれるとは限らない。
黒人の、すごいプレイヤー達のグルーブは確かに強力だが、それを模倣しなければスイング出来ない訳ではない。
それよりも、もっとさりげない、四分音符のレガートから生み出されるリズムの連なりが、スイングを学ぶ上において重要であると僕は思っている。


  1. 2008/12/18(木) 12:39:51|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当たり前の事を当たり前にやる

当たり前の事を当たり前にやっていく

僕は、今年の目標として、日本一のピアニストになる、との目標を掲げた。
でも日本一って漠然としている。
あの人も素晴らしければ、この人も素晴らしい。その人たちに勝つと、いったような相対的な意味では、実はない。
僕は、自分が納得出来るレベルに到達するということ、が、日本一の意味するところです。
自分自身が、誰にも負けないと思えるようになるということ。
つまり、日本一の矜持を持つこと、それが日本一の意味である。
何一つ恐れるものは無いのだということを、信じれる自分になる。
恐れ、は、外的な要因にあるようで、実は自分の中にこそ存在するのだ。
自分自身を、とことん信じれる、その強さを身につけるのだ。

では日本一になる為に、僕は何をしたらいいのか?


[当たり前の事を当たり前にやる]の続きを読む
  1. 2008/01/21(月) 23:24:33|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若い方、とにかく頑張る 調和?同調?おっさんは頑張らないの?

今、僕は「頑張らないで」演奏する様にしています。
頑張らないで演奏した結果、うまく行かないこともある。
だけど、それは結果として仕方ないことやと思ってます。

30代は頑張って演奏すべきではないと思う。

頑張らないで演奏する、という言葉が悪ければ、無理しない、逆らわない、などという言い方がふさわしいかと思われます。 [若い方、とにかく頑張る 調和?同調?おっさんは頑張らないの?]の続きを読む
  1. 2006/11/04(土) 21:20:48|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドラマーがドラムソロで収拾がつかなくなる理由は

多くのドラマーがドラムソロ、特にフリーソロで収集つかなくなってます。
収集つかなくなって、最後ワンコーラステンポのドラムソロをやってコーラスに戻ります。

なんでか?

一口でいうと、打楽器で音楽を表現する、という事が出来てないからです。

もっと表現力を身につけよう。
  1. 2006/09/05(火) 17:51:06|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

理論を学習する意味とは?

音楽を勉強している人からよくうける質問に、理論の話があります。
ある人は理論なんか意味がない、私は感覚でやりたいのだ、といいます。
またある人は、この音は理論的に正しいのですか?また、あの音は理論的にはどういう音ですか?と質問します。
どちらの質問者も理論を正しく把握しているといえません。
[理論を学習する意味とは?]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 00:57:56|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0