中村の考え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドラマーがドラムソロで収拾がつかなくなる理由は

多くのドラマーがドラムソロ、特にフリーソロで収集つかなくなってます。
収集つかなくなって、最後ワンコーラステンポのドラムソロをやってコーラスに戻ります。

なんでか?

一口でいうと、打楽器で音楽を表現する、という事が出来てないからです。

もっと表現力を身につけよう。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/05(火) 17:51:06|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どこかにシンバルレガートのみで音楽を表現出来るドラマ-はいてませんか??

どこかにシンバルレガートのみで音楽を表現出来るドラマ-はいてませんか??

本当に真っ白で美しいキャンパスに絵を描くのは美に対する冒涜だ、という美術家の話を聞いた事があるような気がします。

勿論極論ですが、ある意味いい得てると思います。 [どこかにシンバルレガートのみで音楽を表現出来るドラマ-はいてませんか??]の続きを読む
  1. 2006/09/05(火) 17:38:37|
  2. C~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊張と緩和~山型を意識する

時々、僕のトリオやソロの演奏で、ソロが終わっても拍手が無いのはよくあるけれども、曲が終わっても拍手が無い事があります。
大体において、会心の出来、の演奏の後に多いです。
拍手出来ない事は時として最高の賛辞だと僕は思ってます。

それはともかく、緊張と緩和の織りなすストーリーには色んな形があります。
無限の可能性があります。
緊張と緩和で作りだすラインを山に例えると、ごくごく普通の登り始めて最後にピークが来るような山もあれば、最初に上り詰めて、そして徐々に降りてくるような山もあるでしょう。
また、音量で緊張感を表現するのではなく、むしろ一切の山を無くしたことによる不思議な緊張感、また、始まったところよりもさらにリラックスした状態に持っていく、等それこそ色々な形の山を描く事が出来ます。 [緊張と緩和~山型を意識する]の続きを読む
  1. 2006/09/05(火) 17:36:53|
  2. C~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。