中村の考え

芸術家の政治参画についての僕の考え。

芸術家の政治参画についての僕の考え方

芸術家は、絶えず新しい価値観を希求していく。それは宿命といっていいだろう。
その中において、現行の価値観を否定するという側面は否めないだろう。
故に、多くの芸術家にとって、現行の政治体制を是とし、体制翼賛することは、ほとんどありえない。

多くの芸術家は、世の中の現行の価値観よりも、より優れた進歩的な価値観を持っているのが通常だろう。表現者とはそういうものだ。
ストラヴィンスキーは、当時の調性音楽の中においてはより進歩的で、多くの人はその理解をするのに数十年の時間を必要としただろう。
アインシュタインが特殊相対性理論を提唱した時、その事を本当に理解出来た人は、世界中で10人に満たなかったらしい。
羽生善治の終盤の寄せの手筋を理解できる素人が何人いるだろうか?


そういったことと政治は一件無関係に思えるだろう。が、それらは現行の社会の中において行われている、社会行動だ。。
そしてそれは、前述したように反社会性を持つ宿命すら孕んでいる。
そう考えると芸術は政治と無関係であろうはずもなかろう。

しかし僕は、多くの芸術家が、ただ単なる「不平屋」に終始しているようにしか見えない。
政治参画とは、選挙に行くことではない。SNSで都合のよい記事をシェアすることではない。

僕は、反社会性すら含まれるであろう、表現、において、現行の社会と乖離して表現するをよしとはお思わない。過激な言質により、自分の表現の場をこの社会において自ら意図的に狭めることでもない。
逆に、現行の社会システムを都合よく使い、小器用に泳ぎわたってる似非芸術家に対して、好感度は一切ない。

芸術家の政治参画。
それは相反する現行の価値観と、より高い次元で昇華させていくこと、に対して微力を尽くすことだと思っている。

何度も言うが、世の中は好むと好まざるとにかかわらず、進歩している。
16世紀のスペインによるホロコーストを近代において再現しようとした国家がいた。その国家の犯した罪は、人類の罪として断罪されている。
1945年に広島と長崎に落とされた原爆は、ついにその後あらゆる紛争においてですら、使う事が出来ない。それは、善意によるものではない。人類がそれを禁忌であると、好むと好まざるとにかかわらず、学習しているからだ。

我々が考える、ユートピア、例えばにはたづみの提唱する贈与主義の理念、精神主義の時代の到来。それは、僕が生きている間に成立することは殆ど不可能だろう。
だから行動しなくていいのか?思考しなくていいのだろうか?そうではない。

僕は、自分の考え、想い、それらは、遺伝子として人類の中に存在していくだろう。そう思い、表現活動をしている。
名を残す、という意味ではない。そんな投機的な動機は僕にはない。僕の名前など22世紀には完全に消滅するだろう。それでよい。
だけど、僕の表現の、ほんの少しの遺伝子は、未来永劫に、形を変え、存在していくだろう。
それが、僕が考える、政治参画だ。


我々、先進した考えを持つ芸術家が、自分の直接の利益にはならない価値、に対して率先して自らの労力を割くこと、時間を割くこと、そういった範を垂れることが、政治参画だ。
自分の知性を人に惜しみなく分け与えること、それが、政治参画だ。








スポンサーサイト
  1. 2017/06/23(金) 14:27:39|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0