中村の考え

若い方、とにかく頑張る 調和?同調?おっさんは頑張らないの?

今、僕は「頑張らないで」演奏する様にしています。
頑張らないで演奏した結果、うまく行かないこともある。
だけど、それは結果として仕方ないことやと思ってます。

30代は頑張って演奏すべきではないと思う。

頑張らないで演奏する、という言葉が悪ければ、無理しない、逆らわない、などという言い方がふさわしいかと思われます。
まず、楽器に逆らわない。
どんなにしょぼい楽器だったとしても、それはその日の運命だと思って逆らわない。
頑張って鳴らそうとせず、楽器の、自然に鳴る範疇で演奏する。

共演者に逆らわない。
どんなにしょぼいドラマーとやろうと、それはその日の運命だと思って逆らわない。
頑張って演奏の筋道を無理にを示そうとはせず、自分の世界に引き込もうとはせず、音楽全体のバランスを考えて演奏する。

アンサンブル上のハプニングにも逆らわない。
僕も人間なので、全てのハプニングに対応出来る訳ではない。
対応出来なくなることもある。
その時、ノーアイデアになる自分に対して、忠実に、演奏不可能になってしまおう。
特に、人の伴奏をしている時、解らなくなったら音は出さない方がいい。

頑張らないことが、音楽の自然な流れに繋がっているから。
「ベスト」は訪れるもので、つかむものではないから。

頑張っちゃうと、それを逃しちゃう。



しかし20代の頃は頑張って演奏すべきだと思う。



楽器をとにかくコントロールすること、自らの演奏の筋道を打ち立てること、アンサンブルのハプニングにも、なんとしても対応すること。

20代のとき、僕はそうやって自分に「音楽力」を付けてきました。
ジャズのアンサンブルはある意味「力」が要求されるのです。

力の無い者とは同じ土俵に立つことは出来ないのです。

しかし、目的は喧嘩のためではありません。

君子はこういってます。

和して同せず。

我が意を得たりです。

アンサンブルの目的は調和にあり、同調にあるのではないのです。

同しないためには力が必要です。
ですが、その力は喧嘩のためにあるのではない。
より高いレベルでの調和のためにこそあるのです。

そして、調和するためには「頑張っていて」は無理なのです。

最近の若い者、という言葉を使う様になると「オヤジだ」といわれますがあえて言わせていただくが、最近の若い人達の演奏を聞いていると、調和と同調をはき違えている様に思えてならない。

最初から80点を取りにいかなくてもよろしい。

ちょっと愚痴らせてもらうと、多くの先輩のミュージシャンたちが、自分たちが演奏しやすいからと、それだけの理由で、若手の80点のプレイを望んでるからこんなことになっている様に思う。

僕は若い頃、中島教秀というベーシストのグループに参加しており、大変にお世話になりました。
そのグループには三科武史、河村英樹、武井努らがいました。
その彼は、80点取りにいく演奏をしたらめっちゃ怒りました。
今となってはその理由がよくわかります。
ありがたい先輩でした。
ちなみに和して同せず、という言葉を教えてくれたのも彼です。


120%の演奏こそが、20代にはふさわしいのです。
120点取りにいき、結果0点はオーライなんです。
その失敗は、将来の自分の音楽に繋がっているのだから。

若いうちは「同調」しないために「頑張る」。30代は「調和」するために「頑張らない」。

40代になると、頑張らんでも「出来る」ようになるんやろな、と思ってます。

頑張らずに、ベストを自然に呼び込める様になってくるとしめたものなんですが、今の僕にはまだ少ししか出来ません。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/04(土) 21:20:48|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<多くのベーシストが陥る2パターン | ホーム | ドラマーがドラムソロで収拾がつかなくなる理由は>>

コメント

なんか良いんです

中村さんのハンコックフォローアーのようでいて、
良い意味で属性がはっきりしないインプロバイズ
が良いのです。ストックフレーズの羅列じゃなくて、
やってみて、これでどうだろう?という要素が高い
ほど、聴き手の経験値の高さを要求しますが、
例えばご自身であとで録音を聴いてみて「何で
こうなったんだろ?」と思われるような演奏を
こちらも共有できれば、本望なのです。
ある意味関西人ぽくない。ましてや東京でもない。
属性で語れない魅力をこれからも醸造してください。
  1. 2006/11/16(木) 01:14:23 |
  2. URL |
  3. s #wcZPXEnA
  4. [ 編集]

そういう、演奏を聴いてるのが、気持ちいいんですね、きっと。
20代の中村さんの演奏、生で聞いてないけど、今の演奏が20代の頑張りの上にあるのだとしたら、メチャクチャ、感謝ですね。

これからが、もっともっと楽しみです♪
  1. 2006/11/13(月) 00:43:51 |
  2. URL |
  3. 雅子 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nakamuranokangae.blog55.fc2.com/tb.php/16-b60ae3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)