中村の考え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無駄にうまいということ

以前にも似たような事を書いた事があるが、もう十分速く弾けるのに、もっともっと速く弾こうと、いっぱい練習している人がいる。

そんな練習は無駄だ。

どんなに手数音数が多く速く演奏出来ようが、それが音楽に即していない、僕はフィットしている、という言葉をよく使うが、フィットしていなければ、サウンドしないのだ。
サウンドする、というのをミュージシャンはよく使うが、これは調和する、といった意味です。

フィットしていてはじめて技術は生きるのだ。
フィットする為には何が必要か?
様々な要素が複雑に絡み合うが、その中でも重要なのは、タッチだ。
タッチとは何か?音色にイメージを投影するということだ。
鋭い音色だけども、その中にソフトなイメージを投影する事も可能なのだ。
音色と、イメージ、両方の引っ張りあいによってタッチは立体的になる。

強い弱い、という左右だけではなく、深い、浅い、といった空間に立体な音。

音楽の方向性は真逆に進んでいるようでも、フィットしていれば、それは距離になる。
なんせ、みんなが思っているよりも、音楽は、立体的なんだ。

それを知らずに平面的な技術を磨いたところで、音楽家として前進しない。

例えば、僕のトリオでは、全員が、音楽の本来流れるべきところと違うところで演奏して、しかし全員がその本来の流れを見ていて、その流れのところに戻ってくる、という状態になることがある。
その状態で、三人をつなぎ止めておくために必要な事は、距離を見ながら演奏出来るリラクゼーションと、やはりタッチによるフィット感だ。

僕ぐらいの年齢の人、より少し若い人、やり始めて10年ぐらいの人がこの壁にぶち当たる。
がむしゃらに音を出してみても何故か音楽がフィットしない、スムーズに行かない事に、やり始めて10年ぐらいでそろそろ気付き出すのだ。

ちなみに、スムーズに行かない理由は、音楽の流れるべき流れ、を無視して演奏しているからだ。
自分の中で、まだ言語化されるまで整理されていない。言語化され次第書く。

その壁を、既に超えている人、超えようとしている人、超えたいと思っているがその為に必死になって速度の練習をしている人。
色々です。


速く弾く事、という平面の練習から、深く弾く、浅く弾く、という立体の練習に切り替えよう。

そうすれば目の前の扉は開くはずです。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/17(火) 12:31:46|
  2. D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ショートケーキ型のアンサンブルと、戦闘機型のアンサンブル~アンサンブルする力 | ホーム | 音楽の軽み>>

コメント

大学生さん、はじめまして。

僕は、文章を書くプロではないので、書く上での技術的なことはさすがに語る程のものはありません。

このブログは、脳から出て来たものではなく、体験したりインスピレーションを受けたことを文章化しています。

文章化すること、イコール論理化、であると思っています。
感覚の論理化により、多くの人に音楽家の感性を理解していただけるのではないかなと、思っています。

先輩ミュージシャンの多くは、後輩に説明するのがへたくそです。いってることは正しいけれども、それでは伝わらんなあ、もしくは、いわれた抽象的な言葉を、僕なりに体験して学んで来た部分があります。
僕は、なるべく不明瞭な言い回しを避けているつもりです。


ドラマーに関してはいくつかものを書き記しています。
そちらの方も参考してみて下さい。

ジャズに於いて一番大事なのは四分音符です。
何よりもベースドラムでふむ四分音符が大事です。
これだけでスイングするイメージを持てれば、後は何でもいいのです。後はタッチだけの問題です。
ハイハットやシンバルやスネアワークは、すべて枝葉です。
どのように枝を伸ばそうが、葉っぱを付けようが、個人の自由です。

何かご質問があれば、又書き込みください。
あまり見ないので、返信が遅れることもあります。
どうぞご容赦ください。
  1. 2008/09/24(水) 16:07:47 |
  2. URL |
  3. mako. #-
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして。

中村さんは自分の考えてることを言葉にするのが非常に
上手ですね。
文章を書くにあたって何か気をつけていることがあれば
教えていただきたいです。音楽的な質問でなくて申し訳ないです。

ちなみに私はドラマーです。
ルーディメンツを長い時間をかけて練習してきたのですが、

フィジカルトレーニングがあまりにも無機質になりすぎる嫌いがあります

の一文が心にしみました。
ドラマーについて考えるところを記事にしてくださるとありがたいです。
  1. 2008/09/23(火) 21:20:52 |
  2. URL |
  3. 大学生 #-
  4. [ 編集]

じ   さんはじめまして。

その事に、気付いてさえいれば、壁は開くと思います。
大事な事は、気付く事です。
このレベルの壁を越える為には、具体的にこの練習方法を試せば、出来る、ということは、残念ながらありません。
今の練習方法でだめなら、違う方法で試してみる。
多分ですが、じさんは、自分の中にあるものが、ほぼ完璧にスムーズに出てくる段階に至るまでの過渡期にいるのではないかなと思います。
多分、不自然ではないですよ。例えば、アーティキュレーション一つとっても、生徒は僕のアーティキュレーションの深さにびくりしますが、それでもレコーディングしたら浅く感じるレベルなのです。
しかし、その至る為には、わざと深くアーティキュレーションを書ける事を練習したり試したりした結果です。
そういった、様々な要素を完全に自分のものにして、はじめて表現がスムーズになるのです。

僕自身、練習は基礎練習以外ほぼしませんが、基礎練習をする上においても、イメージを忘れない、ということは大事だと思います。
特にギタリストやドラマーは、フィジカルトレーニングがあまりにも無機質になりすぎる嫌いがあります。
昔、100年程前のメソードには、ピアノの無機的なトレーニングは脳に悪い影響があるので、新聞を見ながらやった方がいいということが書かれてありました。
ギタリスト等はテレビを見ながら練習する事も可能ですが、それでは練習になりません。
スケール練習一つにも、なにがしかの、例えば情景的なイメージを重ねて練習したほうがいいと、ピアニストの梯さんはおっしゃってました。
その通りだと思います。
  1. 2007/07/18(水) 12:47:12 |
  2. URL |
  3. mako. #-
  4. [ 編集]

相談です(そうなんです)

中村さんこんにちは。
僕はまさにその壁にぶち当たっています。
1,2年前くらいに自分の音がなんか音楽に絡んでいない事に徐々に気がついたのですが、具体的にどう改善すれば良いかがわからずにいます。

タイムフィールやアクセントやアーティキュレーションなどを意識して色々練習していくうちに、最近の自分の演奏は何らかの不自然さすら伴ってしまっているように思えます。(How"どう弾くか"だけではなくWhat"何を弾くか"にもフィットしない問題があるのも千分承知なんですが。。。)

壁を越えるにはまだまだまだしばらくかかりそうです。

そこでお願いですが、
立体的に弾く練習では具体的にはどんな練習があるか紹介いただけませんか?
  1. 2007/07/18(水) 04:06:07 |
  2. URL |
  3. じ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nakamuranokangae.blog55.fc2.com/tb.php/24-1d52464b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)