中村の考え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若手シンガーのメンタリティー

自尊心なく、拗ねの感情を持って歌っている若手シンガーをよく見る。
確かに、若手シンガーを取り巻く環境は厳しい。

だけど、それに負けててはいけない。

僕が共演したいと思う若手シンガーは、それに打ち克って来た人、打ち克とうとしている人だけ。
歌が上手いかどうかは大した問題ではない。

僕と共演したいと思ってくれる若手シンガーも何人かはいる。
中には、社交辞令での発言であろうが、お手柔らかにお願いします、という発言をする人がいる。

僕には自尊心が欠落した人の発言にしか思えない。
何を手加減するのか???

僕は、19の何にも弾けない頃から、共演者に謝ったことは一度もない。
どんなにどえらい失敗をしても。
それが、自分の精神を汚すことを直感していたから。

どうせ私の歌なんて、という気持を持って、ステージに上がらないでほしい。

又逆に、反動的なエネルギーを持ってステージに上がる人のもよしたほうがいい。

反骨心を持って歌うのは構わない。だけど、反動が人を感動させることは無い。

ステージに立つ前のメンタルを確保することは、本当に、本当に難しいことなんだ。
僕自身15年以上プロとして活動しているが、未だに出来てるといえない。

ましてや、生身でステージに上がるシンガーの、メンタルを確保することの難しさは、もしかしたら想像以上かもしれない。

だけど、ステージの上によけいな物を持ち込んでることは、生身故に、一発でばれちゃう。少なくとも僕は一瞬で見抜く。

人間やから、色んな負の感情を持ってしまう。
せやけど、それに打ち克たなあかん。

当たり前のことだが、歌は練習すれば誰でも上手くなる。だから、そんなことは大した問題ではない。英語も同じ。練習すれば上手くなる。

自尊心の欠如と、拗ねの感情が、精神に変な癖をつけてしまう前に、それに打ち克とう。
誰しも、グレイトシンガーになる資格はあるのだ。

スポンサーサイト
  1. 2008/08/15(金) 11:21:34|
  2. A~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<フットワークを軽く持とう | ホーム | オリジナリティーって何?即興演奏って何?>>

コメント

たとえ下手でも

好きなんだな~、音楽を愛しているんだな~、
て感じる人の音楽は心にしみますよね。
  1. 2008/12/05(金) 11:15:18 |
  2. URL |
  3. maru #-
  4. [ 編集]

治りますでしょう

歌は、聴衆を前にして
内面もろ見えです。
本人いちばん感じると思います。
だから、怖い。腹据えきるまで。
自分の音楽が未熟な分だけ、苦痛がある。
お勉強いっぱいして来た楽器のひとからバカにされたり
ジャズリスナーの批判を受けたり、拗ねるひと、卑屈になる人も出るでしょう。
音楽する動機を見つめ直すことが大事だと思います。
自分がなにをしようとしているか、なぜ歌うのか。
そこが間違ってなかったら、きっと治りますでしょう。
ときにソレても、戻れますでしょう。

どんな事でも、極めようと、追求し続けようとすると
メンタリティーの課題がでてくる。
雑念を払って集中すること。
「道」タオ
然るべきように、在る
余計な物を抱えて、それと戦うのが
未完の人間の試練だと思います。
0に向かって、全に向かって。

わたしステージ中に、ときどき
胸に手を当てています。
雑念を治めるために。
心から発するために。
  1. 2008/08/19(火) 03:21:24 |
  2. URL |
  3. 和田いづみ #-
  4. [ 編集]

響きました

今日の考えは、心に響きました。

20人編成のビッグバンドでも、誰か一人でも集中力が落ちたり、ヨコシマなこと考えてるとわかるもんねー。

イヤイヤ演奏してたり、投げやりだったり、そんなのってすぐに音に出ちゃうんだよね。

最低なのが、ちょっと音楽的なバックグラウンドを持ってる奴で、他のメンバーの技量に不満をもって演奏してるやつ。

なんかこれ見よがしなとことか、すごくやらしく音に出る。

できることを精一杯に楽しんでやってる奴のほうが、絶対に良いサウンドだよね。



  1. 2008/08/15(金) 12:05:45 |
  2. URL |
  3. だいきち #bMdM8HoQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nakamuranokangae.blog55.fc2.com/tb.php/32-de22ccf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)