中村の考え

僕がテレビを見ない理由~エコとは

僕がテレビを見ない理由は、見る価値があると思う番組が少ないということもあるが、何よりもぼくはCMを見るのが嫌なのだ。

文明が進歩し、世の中は便利になったという。
確かに携帯電話は普及し、車も一家に一台、パソコンも個人が一台づつ所有する世の中となった。
昔に比べてずいぶん便利になったものだ。

それでも世の中に溢れる様々な物物物、この中に本当に必要なものは一体どれぐらいあるのだ??

僕には、不必要な消費を煽る、世の中のコマーシャリズムとそのからくりが滑稽に思えてならない。


麻婆豆腐の素はいらない。必要ない。ゴーヤチャンプルの素も必要ない。
そんなもの無くても、麻婆豆腐もゴーヤチャンプルも、実に簡単に作れる。
デミグラスソースを自家製するのは、非常な困難と努力が必要だ。ベーコンを自家製することも、普通では困難だろう。
だが、ゴーヤチャンプルに必要な味付けはほとんど塩こしょうだけ。
それすら入れる手間を省くことが、本当に「便利」なのだろうか??
便利だ、楽だ、というコマーシャリズムの戦略に、踊らされているだけではないのか??

久しぶりにテレビを付けてみると、世の中はエコブームだそうだ。
ブラウン管の中は、エコ製品、エコを売り物にする言葉が溢れている。
そんな製品を作ることより、不必要な生産のサイクルを断ち切ることが、何よりのエコだと思う。
エコバッグを持つことはエコではない。
マイ箸を持つこともエコではない。
エコの洗濯機を買うこともエコではない。
そうではなく、生活を工夫することがエコなのだ。
エコとは、無駄な消費を抑えることから始まることのはずだ。
つまり、エコは本質的に資本主義と相反することなのだ。
今のエコブームとは、商売とは正反対のそれを、エコロジー、という耳心地の良いイメージで煽動して消費させているだけに過ぎない。

高度成長期、我が国が鉄鋼と船を作っていた頃は、まだしもましな時代だったろう。と思う。少なくとも労働に意味があった。働くことは国の為、みんなで豊かになる為に一生懸命頑張る意味のあった時代。
勿論、それに伴う代償もある。が、だからといって、代償を払うのをやめる代わりに、江戸時代の生活水準に戻りたいとは殆どの人は思わないだろう。
僕自身、文明社会に生きていることは否めない事実だし、それを拒否して生きることは不可能だし、そうするつもりもない。
僕の大好きなもの、殆ど、ピアノも自転車も、登山靴も登山には欠かせない化繊のシャツもピッケルも、中華鍋もダッチオーブンも、すべては工業製品だ。
それだけでなく、文明の便利さをたくさん享受している。車、携帯、パソコン、MP3プレイヤー等等。
それらを否定したいのではない。
ニュージーランドでは、日本で3年乗られた「新車」を安く買って乗る、というらしい。
本当は、それぐらいで十分ではないのか??過剰に求めすぎてませんか??過剰に与えられようとしていませんか??

僕は、一切テレビを見ずに、3年ぐらいを過ごし、世の中との乖離を楽しんでいる。そして、食料と寝袋を携え、自転車で何か月も不便な旅をしたり、山の中を歩き回ったりした。
そうした生活を続けると、本当に必要な物と、そうでないものの区別がついてくる。


もう、日本は本当に必要なものなど、殆ど生産していないのだ。いや、生産する必要がなくなったのだ。
一家に一台テレビと車が来た時代に、実は本当に必要な物はもう揃ったようなものなのだ。
今の日本で、世の中の仕事のほとんどは、そこまであくせく働かなくても、誰も困らないようなものが殆どなのだ。
仕事自体無くてもいいような仕事をして、働いて得たお金で本当は必要でないものを購入し、そして産業が成り立っているのだ。
音楽業界も勿論そうだ。ミュージシャンという仕事は、誰かが生きていく為に、真っ先に必要なものではない。
さいたま市立病院のお医者がサボタージュしたとしたら、多くの患者が困る。だが、僕が演奏しなくても、誰一人、本当の意味で困る人はいない。
であれば僕は、自分のしたいペースで、したい仕事だけをする。産業音楽のお先棒を担いで忙しくなる必要などどこにもない。
それだったら、家にいて、かずおの顔を見ながら、たまに山登りいって、やりたい演奏をする、という時間が持てる方が、遥かに贅沢なことなのだ。

そういう世の中のからくりさえわかれば、自ずとどう生きていけばいいのかわかろうというものだ。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/03(金) 23:47:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<もっと丁寧に音楽を作ろう | ホーム | フットワークを軽く持とう>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/10/07(火) 14:10:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/10/07(火) 14:08:13 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/10/04(土) 08:34:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nakamuranokangae.blog55.fc2.com/tb.php/34-ebfc4680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)