中村の考え

もっと丁寧に音楽を作ろう

若いミュージシャン、特にドラマーや管楽器奏者に多いのだが、音楽の総体の中での流れがギザギザで、あまりにも唐突で雑い演奏が多い。
何故そうなるかというと、多くの場合、彼らは自身の演奏の中で「ジャズ名場面集」の切り貼りをしているのだ。
野球で例えるなら、珍プレー好プレーばかりを見ているようなものだ。
珍プレーや好ブレーだけで一試合は作れない。
内野ゴロ、外野フライ、バント、ヒットエンドラン等の地味な作業の積み重ねの中に、たまにあるホームランや、奪三振が見物なのだ。
ジャズのアルバム一枚聞いても、殆どは地味な作業の連続で、一曲の中のここっ、というポイントにのみ、そういう華やかなシーンがあるのだが、そういう華やかな、耳につくシーンのみを抽出し、羅列しているのが、そういう連中のジャズなのだ。そこには音楽の総体としての美しさはない。
マイルスデイビスバンドフォロワーのヨーロッパの三流バンドのライブCDを聞いたことがある。本物と同じようなシーンは数多く存在するが、整頓の度合いがまるっきり違うのだ。
一つのシーンの中の音の情報が多すぎるのだ。
ドラムはホームラン打って、ベースはヘッドスライディングして、ラッパはホームスチールしている。
そういう人たちと一緒に演奏すると、僕は音を出すことが出来なくなる。ただでさえ混沌としている状態に、更に音を増やせば、混沌の度合いが増すことが明らかだからだ。
弾かない、という選択肢が、まだしもましな選択肢となるような演奏になることが多い。
ソロのとき、頻繁に落ちてくるドラマーからのド派手な「爆撃」を避けながら、ギザギザを補正しつつ、少しずつ丁寧に音楽を進めていかなければならなくなる。
刹那的なかっこいいフレーズを奏でることを考えるのではなく、その音を出した時、そのシーンに与えるベクトルはどうなのか?そしてその音がトータルの音楽の緊張感の中でどういう役割を担うのか、結果、流れはどう移ろっていくのか?ということを考えながら、一つ一つ丁寧に作っていくことをまず心がけなければならないのだ。
そして、その中にあるここ、というポイントが見えた時にド派手なことをやればいいのだ。それは本物の名シーンになる。
こういう話はいささか抽象的すぎると思われ、理解していただけないかもしれないので、具体的なことを少し記してみよう。
安易にユニゾンになるような展開を求めない、終止のフレーズを安易に出さない、相づちを簡単に打たない、音が何オクターブも跳躍すること、又は何オクターブもの音域を行き来するようなことを安易にはしない、フレーズに頼らず、タッチ感や音量の調節によって音楽に参加する術を覚える、自分の出した音と違う方向に音楽が進んだとしたら、ということを絶えず想定しながら音を出す、自分の弾いた音をある程度は覚えておく、又弾く前に頭で音を鳴らしてから弾く、等が大事だ。
つまり、安易にやるな、ということになる。
音数は、なるべく少ないほうがいいのだが、達人は、まず音楽の骨格を理解した上で、たくさんの肉をつけるているから音が煩雑にならないのだ。
達人の演奏には音数が多い場合もままある。が、三流のそれとは、大きく違うのだ。
ぼくはそれを、聞いて理解出来るし、頭でもわかっているが、実際に即興の中で、ジャズに特有のスウィングの流れを損なわず、トータリティーを意識することは、まだ出来ていない。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/25(土) 00:18:35|
  2. D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<すべての問題は、音符のレガートに関わってる。 | ホーム | 僕がテレビを見ない理由~エコとは>>

コメント

中村さん、はじめまして。
12月6日に平和台公園の小さなカフェでライブを開催されるそうで。
先日子供と平和台に遊びに行った際、(近所です☆)
偶然にチラシを見つけ、びっくりしてしまいました!
実は私、大江千里さんのファンなんですが、
現在千里さんはジャズの勉強をするためにNYに行かれているんですね。
それでジャズに私も興味を持つようになり、CDを借りて来て自宅で聞いていたりするものの、てんで若葉マークなリスナーなものでお恥ずかしいのですが・・・
長年千里さんのファンをしていると、千里さん自体メディアでの露出があまりないこともあり(汗)
キーワードで過剰に千里アンテナが反応してしまいまし。

中村さんはもしかしたらいやかも知れませんが(!?)
あまりにもリンクするキーワードが多かったものでお名前は以前からお名前は存じておりました!
大阪出身であること
ピアノマンであること
それもジャズマンであること
お眼鏡☆
お顔☆
お年
自転車で上京する?
各地でのミニコンサート
音楽に対する真摯な姿勢

これだけそろえば千里ファンが興味を持たないはずがありません
ちょっと変わってらっしゃる(笑)ところが、また、とても人魅力を感じてしまいます。
これだけはっきり、自分の音楽を、求める音楽を、
いくつになっても、追求されている姿、生き方、とても素敵です。
きっかけは千里さんですが、千里さんとは別の、中村さんの音楽、中村さんの生き方に、ごく近くで体験することができるすばらしい機会、
本当に楽しみにしています
  1. 2008/12/05(金) 10:57:58 |
  2. URL |
  3. maru #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/10/28(火) 01:21:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

nogumanさん、こんにちは。
あれはもういつの話でしょうね。豊田さんはあれからアメリカに渡って、しばらくお寺の修行してはって、又戻ってこられましたね。
それぐらいの日時が立っています。
あのときお話しさせてもらったことはすみません、完全に忘れています。
宮城ですか?ボクは今は東京というか埼玉に住んでいます。
先日仙台でライブをしました。
又仙台に行くこととともいます。
その際はどうぞお越し下さい。
メール一通下されば、スケジュール配信いたしますよ。
makoppo081@aol.com
です。

  1. 2008/10/27(月) 13:29:24 |
  2. URL |
  3. mako. #-
  4. [ 編集]

覚えていらっしゃらないでしょうが。

はじめて、書き込みさせて頂きます。
中村さんとは一度、ドラマーでお坊さんのT氏の主催するとあるお寺のジャムセッションでお話した事があります。
もう10年以上前のような気がします。
私はその時ボーカルで何曲か歌ったと思います。(只今39才、男、おっさんです。)
その時にお話する前から、貴殿は関西ではもう知らない人はいないくらい活躍されていましたね。
私は今、事情があって、妻の実家の宮城で暮らしています。
仙台でもなんとか音楽活動をやりたいと思い、いろいろ模索中です。
ネットサーフィンをしていたら、こちらのブログへ辿りつきました。
「うん、うん。」と頷くことが多いです。
音楽を続けて行くことは、特にこの年になって結婚して、子持ちになると難しい面もありますが、
なんとか自分なりに続けていけたらと思っています。
また、書き込みさせていただきます。



  1. 2008/10/27(月) 12:27:15 |
  2. URL |
  3. noguman #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nakamuranokangae.blog55.fc2.com/tb.php/35-e1df2d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)