中村の考え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

練習のこつ

2)練習のコツ

僕は練習は嫌いです。理由はしんどいからです。


 
何故しんどいか? 出来無いからです。 出来ないことをやるからしんどいのです。

だから練習が嫌いです。

一日中練習している人がいます。 僕には出来ません。

理由はしんどいからです。

僕のやる練習は、一日中やったら頭がおかしくなるでしょう。

1時間続けて練習したらくたびれ果ててしまうような事、が練習なのです。

逆に、1時間以上やってもまだ集中力が途切れないような練習は、練習ではないのです。

それを目安に練習すれば、上手くなる事間違い無いです。

 

他人に上手に聞こえる練習は練習ではありません。

練習、とは、出来ない事をやる事です。ですから、上手に聞こえたらそれは練習ではありません。

練習でへたくそな人程、本番は上手いのです。

 

ジャズを始めたての頃は、一体何を練習したらいいのか解りません。

練習の中身は何でもいいです。どんな練習をしたとしても無駄になる事はありません。

ただ、頭を使って下さい。

一つのスケール練習の中に具体的なテーマを見つけて下さい。

いや、見つけようと思って練習して下さい。

そう思って練習するなら、いつか何かが見つかるはずです。

 

自分の手をよく観察してみて下さい。

指の付き方、長さ、筋肉の盛り方、開いた時の感じ、爪の感じ、指のひらの質感、等。

自分の道具をよく観察すると、弾けない理由がわかる事があるかも知れません。

トロンボーンの場合は関係ないですが・・・。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/02(木) 00:53:25|
  2. C~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リズムについて | ホーム | 技術とは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nakamuranokangae.blog55.fc2.com/tb.php/5-cecca0bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。