中村の考え

音楽家が音楽家を判断する基準

僕は、音楽的な価値基準で音楽家として判断され、音楽家を判断して、その音楽家を共演者として選んだり、選ばれたりして、いたい。
ところが現在の音楽シーン(他のジャンルの音楽界は解らないけど、多かれ少なかれ同じであろう)に於いては、音楽的な価値基準、以外の価値基準により、音楽家が音楽家を判断して、共演者として選んだり、選ばれたりしている事が多い。
多いというレベルではなく、殆どの音楽家は、それ以外の価値基準で共演者を選択していると言っていい。
ぼくはそのことをここに暴露する。

その価値基準とは、その人と共演することにより何らかのメリットが生じるか否か(音楽的なメリット以外の)、という価値基準である。
例えば、その共演者が音楽的にはあまり好きではないとは思いつつ、集客力があるからその共演者を選ぶ、とか、お客さんの耳障りがいいからその人を選ぶとか、見た目的に派手な演奏をするか否かとか。

リスナーが様々な価値を持って聞きにいく事は構わないと思う。
例えば、見た目的に美しい女性のヴァイオリン奏者を、音楽的な価値以外を求め聞きにいく事はあってもいいと思う。
だが、音楽家が、音楽の品質、以外のモチーフで音楽家を選択するのは、音楽家としての敗北であると、いいたい。

先日も、若く極めて才能のあるミュージシャンが、選択したミュージシャンが、あまりにも不釣り合いで疑問に思ったら、その人は素直に集客力の問題である、と答えた。そこまではっきりと素直に答える人も珍しい。

僕は過去、尊敬する音楽家に認められるような演奏家になることを努力したし、才能と技術と音楽性を認められ、共演者として選ばれてきた。
そういった「切磋琢磨」と「音楽家に対する尊敬と畏怖の念」が薄れてきているように思える。
大変危険な事に思える。
お互いに尊敬の念を持たずに、なあなあで、まあまあの、ぱっと聞き悪くない音楽をクリエイトし、それでその場をごまかすコンサートを続けていく。
めんどくさいことを言わずに、仲良しクラブのような演奏会を続けていく。
音楽家はお客に対してのサービスとして演奏するのではない。
作り上げた最高の音楽が、結果としてお客さんにサービスするのだ。主客を転倒してはならない。音楽家が最高の音楽を作り上げる事、以外に腐心してはならないのだ。それは結果として自分の首を絞める事だろう。

何故ならば、現状の音楽界は、資本主義的な価値基準により翻弄されているから。そのことに気付かなければならない。日本のジャズ界等本当に小さなマーケットだが、そんなマーケットですら、いや小さなマーケットであるからこそ翻弄されやすいのかもしれない。
音楽業界が翻弄されているのはまだよい。音楽家自身が翻弄されている事が僕には滑稽に見えてならないのだ。


無論、如何に僕でも、100%の尊敬に値する人としか共演しない訳ではない。そんな人は日本人で数人だし。が、向上心を持つ若者達と切磋琢磨していたいと思っている。
そのためのジャズワークショップであり、中津江をはじめとするMC(ミュージックキャンプ)なのだ。

先述した若者に、僕は君の選択は、君の生き方の問題だ、と答えた。

そういった選択の積み重ねは、その人の「生き様」となる。
演奏が上手いか否か、才能があるかないか、練習をしたか、そういった様々な要素は「生き様」を構成する一要素に過ぎない。
「生き様」は此れ即ち「音楽」だ。音楽そのものなのだ。
自分だけ切磋琢磨していれば、共演者の選択の妥協は関係がない、というようなものではない。
それらの選択の積み重ねが、音楽になるのだ。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/12(木) 14:53:15|
  2. A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<芸に対する確信 | ホーム | アンサンブルに於けるcare と suggestの関係>>

コメント

Re:

さーせん!以後気を付けます!ろ
  1. 2016/06/30(木) 23:43:12 |
  2. URL |
  3. まこぴこ #hU4vtfnY
  4. [ 編集]

いろいろ記事を読ませていただきましたが、暇なんですね。

音楽に関して、うだうだあなとと討論したいとは思いませんが、

ネット上では身分を明かさないからって、目くじら立てる事ではないと思います。

何様か知りませんが、
実力のある人ほど、他人の音楽や、
Hitチャートしか聴かないリスナーとか、色々な音楽、演奏者の指摘などを、
ネットにあげませんよ。



  1. 2016/06/30(木) 16:48:20 |
  2. URL |
  3. ぴこぴこ #0aenhmCQ
  4. [ 編集]

マッカートニーさん。色々と書き込みありがとうございます。
まず、あなたはいくつか勘違いされている点があります。
上記されたシンガーは、歌っているけれども、語っている、の前提があった後、歌っています。
綾戸は歌わずに語っています。シャーリーホーンもそう。カーメンもそう、ただサラヴォーンとかエラは違う。歌っています。

学びには様々な段階があり、ある一定の水準を超えなければ、違いは「間違い」になります。ある一定の水準を越すと、違いは「個性」となります。

また、あなたの評価基準をいちいち否定するつもりはありませんが、歴史上の淘汰を受けたモーツアルトとそれがまだなされていないチャゲアスを対等に並べ、どちらも同様に素晴らしいと、言い切れる程の聞く耳、芸術的価値判断基準をお持ちだということですね。僕はチャゲアスを殆ど知りませんから何ともいえませんが、一つの時代には、本物、偽物、本物に限りなく近い偽物、のアーティストが混在しています。
勿論そんなことを一般大衆の人間が判別出来る訳がない。出来るならば、宮沢賢治やゴッホは生前世に出ていたでしょう。彼らを世に出したのは、彼らの優れた芸術を理解する、後世の芸術家です。

また、何故僕があなたと議論する為にカサブランカに行ったときに連絡をせねばならんのでしょうか??
僕はあなたとの議論で何らかの価値ある話が出来るようには、あなたからの書き込みを見る限り、感じ取ることが出来ません。
あなたがお書きになった音楽に対する経歴と、お書きになっている文章とを鑑みて、僕の音楽的なキャリア、音楽家としての量は大きな差があるように思います。
あなたの書き込みは、僕の考えを否定まではしていないのかもしれないけれども、対等に意見を述べておられる。
申し訳ないけれどもこちらはあなたを対等だとは思っていません。
僕は料理をしますが、プロの料理人のブログを拝見して、もし僕のレシピと違うと思ったとしても、僕ならば質問形式で投稿するでしょう

もしあなたがシンガーとして高みを目指したいのであれあば、僕はそのことに関して質問にはお答えしますし、可能な限りご助力さしあげたいと思います。

身分を明かしての投稿は嬉しく思いました。
ここでご質問頂く分には幾らでもお答えいたしますよ。

  1. 2012/05/30(水) 19:13:36 |
  2. URL |
  3. mako. #-
  4. [ 編集]

マッカートニーさん、連投ありがとうございます。
前に投稿頂いたことと大体にたような内容なので、それ以外の点に対して投稿します。

>メロディー、サイズ、リズム感、構成、さえ抑えておけば、後は自由なのが音楽なのでは、ないでしょうか。

そうですよ。ただ、メロディー、サイズ、リズム感、構築性、音色、技術、美学哲学、その他諸々のアーティストを構築している要素さえ押さえておけば、後は自由です。抑えられているのであれば、ね。
様々な要素全てを合格点に達せられるアーティストはそうはいない。
それは思っているよりもとてもとても大変なことなのです。
それを合格点に達する為にはどうしたらいいかが、このブログには「ぐだぐだと」書かれてあります。
  1. 2012/05/30(水) 18:54:17 |
  2. URL |
  3. mako. #-
  4. [ 編集]

今、JAZZ界で大活躍している、ロッドスチュアートやマイケル・ブーブレなどは、JAZZを歌っているにもかかわらず、メロディーをしっかり歌っています、別に「語る」ように歌う事にこだわっておりません。
しっかり歌い上げています。しかも両者とも、時にはロックを意識させるようなシャウトするぐらいの勢いで歌うことさえあります。綾戸 智絵さんのように「語る」ように歌う歌い方も、メロディーを思いっきり歌い上げるカッコイイ歌い方もどちらも正解ではないでしょうか?
要はお客さん、ミュージシャンを感動させる、魅了させる、事ができれば、すべて正解だと私は思います。
あれだけ観客を動因させるという事は、それだけの魅力があるということだと私は思うし、私も、聞いて、カッコいいと思うし、鳥肌がたちます。
釈迦の言葉に「世は常ではない」と言う言葉があります。世の中の森羅万象すべてにおいて、変化し続ける、変化し事象はないと言うことだと思いますです。
もう、JAZZだから語るように歌わなければならないとか、こういう歌い方をしなければならない、と言うこだわりを持つ時代は終わったのではないでしょうか?お客さん、ミュージシャンを魅了する、感動させるそれが全てだと私は思います。それに正解はないと思います。それが実力だと思います。実際に大活躍しているボーカリストがそういう歌い方をしているのですから。
もし、私の意見におかしい所.があると言うのなら、私、北九州のカサブランカでよくセッションに参加しているので、カサブランカにもし来るような事があれば、一度お話をしましょう。その時はご連絡ください。
ただ、ディベートで相手を言い負かすような議論ではなくて、正当な議論でお話しましょう。ディベートは使いようによっては卑怯な論法になりますからね。
後、マイケル・ブーブレもロッド・スチュアートも、お客さんだけでなく、ミュージシャンからも評価されています。いろんなライブハウスでいろんな、ミュージシャン兼、オーナー、マスター、とお話しますが、彼らのボーカルを絶賛する人、結構います。しかも、私は、お客さんに認められる、のではなく、ミュージシャンに認められないといけないといけないというようなことは1ミリたりとも思いません。お客さんに認められて、ミュージシャンに認められないミュージシャン、ミュージシャンに認められて、お客さんから認められないミュージシャンどちらも素晴らしいと思います。要は、スタイルの違いだと思います。私から言わせればそういうこだわりを持った人というのは、勝手に理論を作りあげて、自分のスタイルを正当化するためにそういう事を言っているのだと心理学的に感じます。
論語の孔子の理論に、「中庸」という理論があります。
一つの考えに偏ったり、極端に走るのではなく、その状況(音楽で言えば個性とか時代ではないでしょうか?)における最適な、手法を実践すると言う意味らしいです。
釈迦も「中道」と言う表現で、極端な概念に偏らない生き方を勧めています。
音楽についてもそれは一緒ではないでしょうか、私は、まだ、駆け出しのボーカリストですが、それをいつか証明してみせましょう。
今、ステップアップとして、半ライブ、7曲だけ歌うと言う段階まで、セッションだけでなく、ライブもさせていただくようになりました。
要は理論では何とでも言える、結果が全てだというのが私の考え方であります。
そのレベルまで達成するまで、後一年、かかるか2年かかるかは分かりませんが必ず達成してみせます。
それではまた。


 


  1. 2012/03/25(日) 04:02:32 |
  2. URL |
  3. マッカートニー #-
  4. [ 編集]

私は、一ボーカリストですが、
私の好きなアーティストは、JAZZではマイケル・ブーブレであったり、最近スタンダードナンバーを歌っているロッドスチュアートであったり、ナットキングコールだったり、
クラシックで言えば、バッハ、モーツアルト、すぎやまこういちであったり、
POPSで言えば、ポールマッカートニー、ビリージョエルであったり、
日本のアーティストで言えば、チャゲアスだったりします。
演歌も好きです。

 他にも、ブルース、ボサノバ、ラテン、ロックなど、いろんなジャンルの音楽を偏った価値観にとらわれないように意識して、鑑賞、又は歌っています。

私の価値観としては、モーツアルト大好きですが、「モーツアルトこそ神にもっとも近い音楽家である」などととは、
一ミリたりとも思いません。
モーツアルトが、チャゲアスより上だとも思いません。
すばらしい音楽はすばらしい、単なるジャンルの違い
であって、アーティストそれぞれのすばらしさが、あると思います。

わたしは、最近、流行っているエグザイルに対し、特に
魅力を感じませんが、好きな人にとっては、最高の音楽
なんだと思います。
要は、その人の趣味の違いで、そのアーティストのその人が感じる価値は大幅に変わるものだと思います。大幅にです。

私の中では、モーツアルトも、ビリージョエルも、チャゲアスも互角です。
皆、それぞれの個性を持っており、最高のアーティストだと思います。だれが上でも下でもありませんね。
好き嫌いはありますが、自分が好きなアーティストは皆
互角です。皆、最高です。

だいたい、亡くなった人ってのは神聖化されるものです。

それは、作品だけの事だけじゃなく、「音」に対してもそういう価値観でもって音楽を感じております。
この音が最高の音であるという事はなくて、その人にとって、最高の音がその人にとって最高なんだと思います

松下幸之助さんの、格言に、物事を、あるがままに、素直な心でもって、物事を観察しましょうと言う格言があります。

多分、偏見を持たないことによって、物事の本質を感じるようになる、捉えることができるようになりますよ!ということだと思います。
釈迦も同様な理論を説いております。

偏見を持つことによって、本来素晴らしい音楽も、素晴らしい音楽と捉える事ができなくなるのではないかと私は思っております。

メロディー、サイズ、リズム感、構成、さえ抑えておけば、後は自由なのが音楽なのでは、ないでしょうか。

要はぐだぐだ言わずに〝いい物はいい〟それだけだと思います。








  1. 2012/03/18(日) 01:12:15 |
  2. URL |
  3. マッカートニー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nakamuranokangae.blog55.fc2.com/tb.php/57-f97ef423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)