中村の考え

補完:音楽を体験するということ。

補完:音楽を体験するということ

僕の文章の至らなさにより、数点の誤解を生んでいるように思うのでここに補完します。


僕のいう、20代の若者とは、その全てを指すわけではありません。若い人の中には個性的で僕には思いもつかない感覚を持っている人もたくさんいてます。そういう人には僕自身積極的に学びを乞うこともあります。


あと、YouTubeや配信の音源が、デジタルであるから耳が養われないなどとは、一言も申し上げてない。
どうでもいいことですそんなことは。
プロレベルの人の耳は、スマホのスピーカーで聞いても、生の音の良し悪しが判断できます。又そうでなければならない。耳を養得ないことの理由が、ツールがデジタルであるから、ならば、その人たちは「時代に負けている」といえます。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/01(金) 12:19:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<贈与主義(精神主義)の発展とそのために我々が何をするべきなのか | ホーム | 音楽を体験するという事。youtube等について。音楽をするという事。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nakamuranokangae.blog55.fc2.com/tb.php/74-d3c9addd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)