中村の考え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

練習して出来ることと、練習では出来ないこと

上手くなりたかったら練習すればいい。
何を練習すれば上手くなるか?これは人によるし、近道はない。
いや、近道はあるかもしれない。人によっては、学習に於いて自然に近道を選べる才能がある人がいる。だが、近い道を通ったからといって、得れるものの「深み」は、遠回りをした人より少ないかもしれない。
ということは、遠回りは、実のところ近回りなのかもしれない。

ただ、確信していえることは、どのような練習をしたとしても、それらに無駄なものはない、ということだ。

敬愛するHank Jonesさんもそういっていた。 [練習して出来ることと、練習では出来ないこと]の続きを読む
  1. 2007/10/12(金) 23:21:51|
  2. C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

音の理~バドミントンと音楽の関係

ジャズのアンサンブルというのは、バドミントンしてるようなもので、僕が打った羽を相手が打ち返して、というラリーが続く感じ。

バドミントンとジャズの違いは、相手をやっつけるためにあるのではなく、お互いのラリーで美しく表現していく。ラリーが一つの作品となるのだ。


バドミントンの羽が自然に落下するように、または打ち方によって落ち方の速度も変わるように、音にも行き着く先、というものがあるり、それを無視しないのが最低源のマナーで、いわば音楽の摂理だ。理論ではない。摂理。羽が引力に逆らえないのと一緒で、音楽もそれには逆らえない。

[音の理~バドミントンと音楽の関係]の続きを読む
  1. 2007/10/12(金) 11:26:35|
  2. D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショートケーキ型のアンサンブルと、戦闘機型のアンサンブル~アンサンブルする力

ジャズのアンサンブルは、戦闘機の編隊飛行に似ているように思う。
三機(トリオの場合は)の戦闘機が、時にはリードする一機を多の一機が追い越し、下に宙返りし、絡みあい、時には大きく離れて飛ぶ。
出発地点と目的地点は同じではあるが、そこに至る道は違う。
どころか、場合によっては墜落してしまうこともあるし、ぶつかってしまうこともある。
このような失敗は日常茶飯事なのだが・・・。

[ショートケーキ型のアンサンブルと、戦闘機型のアンサンブル~アンサンブルする力]の続きを読む
  1. 2007/09/14(金) 09:52:19|
  2. C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

無駄にうまいということ

以前にも似たような事を書いた事があるが、もう十分速く弾けるのに、もっともっと速く弾こうと、いっぱい練習している人がいる。

そんな練習は無駄だ。

どんなに手数音数が多く速く演奏出来ようが、それが音楽に即していない、僕はフィットしている、という言葉をよく使うが、フィットしていなければ、サウンドしないのだ。
サウンドする、というのをミュージシャンはよく使うが、これは調和する、といった意味です。

フィットしていてはじめて技術は生きるのだ。
フィットする為には何が必要か?
様々な要素が複雑に絡み合うが、その中でも重要なのは、タッチだ。
タッチとは何か?音色にイメージを投影するということだ。
鋭い音色だけども、その中にソフトなイメージを投影する事も可能なのだ。
音色と、イメージ、両方の引っ張りあいによってタッチは立体的になる。

強い弱い、という左右だけではなく、深い、浅い、といった空間に立体な音。

音楽の方向性は真逆に進んでいるようでも、フィットしていれば、それは距離になる。
なんせ、みんなが思っているよりも、音楽は、立体的なんだ。

それを知らずに平面的な技術を磨いたところで、音楽家として前進しない。

例えば、僕のトリオでは、全員が、音楽の本来流れるべきところと違うところで演奏して、しかし全員がその本来の流れを見ていて、その流れのところに戻ってくる、という状態になることがある。
その状態で、三人をつなぎ止めておくために必要な事は、距離を見ながら演奏出来るリラクゼーションと、やはりタッチによるフィット感だ。

僕ぐらいの年齢の人、より少し若い人、やり始めて10年ぐらいの人がこの壁にぶち当たる。
がむしゃらに音を出してみても何故か音楽がフィットしない、スムーズに行かない事に、やり始めて10年ぐらいでそろそろ気付き出すのだ。

ちなみに、スムーズに行かない理由は、音楽の流れるべき流れ、を無視して演奏しているからだ。
自分の中で、まだ言語化されるまで整理されていない。言語化され次第書く。

その壁を、既に超えている人、超えようとしている人、超えたいと思っているがその為に必死になって速度の練習をしている人。
色々です。


速く弾く事、という平面の練習から、深く弾く、浅く弾く、という立体の練習に切り替えよう。

そうすれば目の前の扉は開くはずです。
  1. 2007/07/17(火) 12:31:46|
  2. D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

音楽の軽み

日本人にとって、一音の深み、を表現する事は、意外と簡単な事なのかもしれない。

それよりも、むしろ、軽みを表現する事の方が遥かに苦手なのだ。

僕のいう軽み、とは、軽薄とは似てて非なるものだ。
以前書いた、普通とまあまあの違い、に通じるところがある。
軽いのだが、そこに品格を失わない、というような、軽み。

逆に、西洋人にとって、深みを表現する事は、難しい事なのかもしれない。

[音楽の軽み]の続きを読む
  1. 2007/07/09(月) 10:27:08|
  2. D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

おおらかである事、ハッピーである事

ハッピーである事、おおらかである事

ジャズミュージックを演奏する上において、最も重要な事、それは、おおらかでいる事、ハッピーでいる事。

おおらかな事を表現すること、ハッピーな事を表現する事、が大事なのではない。

どんなに難しい事を、前衛的な事を、複雑な事を、神秘的な事を、メカニカルな事を演奏していたとしても、おおらかな心、ハッピーでいる事、を忘れなければ、人には伝わる。

[おおらかである事、ハッピーである事]の続きを読む
  1. 2007/06/22(金) 02:05:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更なる高みへ

僕には、音楽家として、立ちたい高みがある。

現代最高のジャズピアニスト、Hank Jonesの立っている高みに、僕も立ちたい。いや、僕はそれを超えたいと思っている。

彼の立っている場所は、山で例えるならエベレスト。
今、僕が立っているところは、せいぜい富士山か、穂高岳の山頂だ。

しかし、僕の気宇はエベレストよりも高い。

僕が、Hank Jonesを超えたいと思っている事を知ったら、大抵の同業者は鼻で笑うだろう。

笑うがよい。

超えられない、そう思った瞬間に、敗北なんだ。

その事を知らぬものは笑えばよい。

僕はピアニストであってアルピニストではない。
だから、いくら登山が大好きだからといって、エベレストやK2の高みに立つ事は一生かかっても無理だ。

だがぼくは、Hank Jonesの高みには立つ。

それは、僕には可能な事なのだ。そう信じる限り。
一生かけて貫き通す。それが僕の信念なのだ。

そう信じるものだけが、それをなし得るのだということを、僕は知っている。
  1. 2007/04/17(火) 23:42:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

殆どのボーカリストはステージでマナー違反を犯している

ボーカリストにもの申す

(注)これから先、ボーカリスト、と書いてあるその言葉が指す意味は、ジャズボーカリストという意味です。
ポップスや、ラテンや、ボサノバのシンガーは含みません。
何故ならば、特にボサノバやラテンのシンガーは、研究が行き届いているように思える人が多いです。
ジャズのシンガーだけ、がくんとレベルが下がります。



食事中にくちゃくちゃ音を立てて食べている人を皆さんどう思いますか??
歩きながら煙草を吸っている人をどう思いますか??
混雑した電車で、座席の横に荷物を置いている人をどう思いますか??

マナー違反だと思うでしょ?

殆どのボーカリストは、ステージでマナー違反をしています。


[殆どのボーカリストはステージでマナー違反を犯している]の続きを読む
  1. 2007/03/26(月) 10:30:01|
  2. B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

プロとは

やりたいことをやるのがプロだ、いや、やりたくないこともやるのがプロだ、こういう議論はよく耳にします。

僕は、やるべきことをやるのがプロだと思ってます。

やりたいことをやるのはアマチュアです。やりたくないことをやるのはバンドマンです。
やるべきことをやる人のことをアーティストといいます。

やるべきこととは、自分の芸のために必要なことです。
必ずしも演奏とは限りません。

プロになると、やるべきこと、は、やりたいことなはずです。

また、プロになると、やりたくなくても、やるべきこともあります。

しかしそれは、やるべきことなので、突き詰めるとやりたいこと、ということになります。

やるべきことは多い。

それを見つけていくのがプロです。
  1. 2007/02/16(金) 01:12:41|
  2. A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今現在、僕が陥っている二律背反について

ジャズとは、異なる二つの価値観を高い次元に昇華させる音楽であることはこれまでにも述べてきました。
具体的に、今現在僕が迷い込んでいる袋小路をご紹介したいと思います。

このことに気付いたきっかけは井上淑彦と共演した時の話です。その時ベーシストは中村新太郎で、僕がこのベテラン二人を迎えてセッションライブでした。
淑彦さんは、ライブが終わった時に、「マコッちゃんは本当に自分の世界があるよね~」といいました。 [今現在、僕が陥っている二律背反について]の続きを読む
  1. 2006/12/12(火) 14:08:49|
  2. D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

多くのベーシストが陥る2パターン

僕は全ての楽器の中でベーシストに最も厳しい。
僕が思う、多くのベーシストが陥りがちな展開を、2つにしぼって分類してみた。


強いスイング感しか出せない人。
解りやすくいえば、チャーネット・モフェットに代表されるような強いスイング感が全てだと思っていて、それに命をかけている。
野球でいえば、パワーヒッタータイプ。パワーヒッターがまだパワーを鍛えようとしているようなもので、それは十分なのだから、違う方面を磨こうとすればいいのに、という清原のようなタイプ。

リズムのテイストもタッチの要素は不可欠で、その場に則したスイング感のコントロールが出来てはじめて音楽になる。
強いスイング感が出せないのはだめだが、それは音楽の一手段に過ぎないことを知らなければいけない。 [多くのベーシストが陥る2パターン]の続きを読む
  1. 2006/12/09(土) 14:17:29|
  2. D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

若い方、とにかく頑張る 調和?同調?おっさんは頑張らないの?

今、僕は「頑張らないで」演奏する様にしています。
頑張らないで演奏した結果、うまく行かないこともある。
だけど、それは結果として仕方ないことやと思ってます。

30代は頑張って演奏すべきではないと思う。

頑張らないで演奏する、という言葉が悪ければ、無理しない、逆らわない、などという言い方がふさわしいかと思われます。 [若い方、とにかく頑張る 調和?同調?おっさんは頑張らないの?]の続きを読む
  1. 2006/11/04(土) 21:20:48|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドラマーがドラムソロで収拾がつかなくなる理由は

多くのドラマーがドラムソロ、特にフリーソロで収集つかなくなってます。
収集つかなくなって、最後ワンコーラステンポのドラムソロをやってコーラスに戻ります。

なんでか?

一口でいうと、打楽器で音楽を表現する、という事が出来てないからです。

もっと表現力を身につけよう。
  1. 2006/09/05(火) 17:51:06|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どこかにシンバルレガートのみで音楽を表現出来るドラマ-はいてませんか??

どこかにシンバルレガートのみで音楽を表現出来るドラマ-はいてませんか??

本当に真っ白で美しいキャンパスに絵を描くのは美に対する冒涜だ、という美術家の話を聞いた事があるような気がします。

勿論極論ですが、ある意味いい得てると思います。 [どこかにシンバルレガートのみで音楽を表現出来るドラマ-はいてませんか??]の続きを読む
  1. 2006/09/05(火) 17:38:37|
  2. C~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊張と緩和~山型を意識する

時々、僕のトリオやソロの演奏で、ソロが終わっても拍手が無いのはよくあるけれども、曲が終わっても拍手が無い事があります。
大体において、会心の出来、の演奏の後に多いです。
拍手出来ない事は時として最高の賛辞だと僕は思ってます。

それはともかく、緊張と緩和の織りなすストーリーには色んな形があります。
無限の可能性があります。
緊張と緩和で作りだすラインを山に例えると、ごくごく普通の登り始めて最後にピークが来るような山もあれば、最初に上り詰めて、そして徐々に降りてくるような山もあるでしょう。
また、音量で緊張感を表現するのではなく、むしろ一切の山を無くしたことによる不思議な緊張感、また、始まったところよりもさらにリラックスした状態に持っていく、等それこそ色々な形の山を描く事が出来ます。 [緊張と緩和~山型を意識する]の続きを読む
  1. 2006/09/05(火) 17:36:53|
  2. C~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸術における緊張と緩和について~ビバップとは

全ての摂理は緊張と緩和の連続でもある。
晴れる日もあれば雨の日もある。凪の日もあれば嵐もある。
もっと長いスパンで考えると、四季というのも一つの緊張と緩和のサイクルである。
生物の一生もそうかもしれない。 [芸術における緊張と緩和について~ビバップとは]の続きを読む
  1. 2006/07/15(土) 02:25:40|
  2. A~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

僕にとってのブルースとは

ジャズという黒人の民族音楽が、西洋の音楽の方法論との融合により、数学的な発展を遂げたことは周知の事実であります。

音楽には2種類あり、文学的に形成される音楽、数学的に発展を遂げる音楽の2種類です。
この区分は勿論、例え話で、僕による創作の区分です。
[僕にとってのブルースとは]の続きを読む
  1. 2006/04/14(金) 03:05:58|
  2. A~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕の音楽が難解だと感じられる方々へ

僕のピアノがよく理解できないとおっしゃる方へ。
最近、僕のピアノは好きなののだが、もっと解ればもっと楽しいに違いない。だから、ジャズ理論を勉強してみようと思う、とおっしゃる方がいました。


残念ながら,ジャズ理論を学んでも僕のピアノは理解できません。


[僕の音楽が難解だと感じられる方々へ]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 01:04:11|
  2. A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

音楽の4要素

音楽の3要素という言葉を良く聞く事があります。

リズム、ハーモニー、メロディーですね。

ここに僕は4要素目として「タッチ」というのを加えたいと思います。
音楽においてタッチは重要です。
特に即興音楽においてはそれがコミュニケーションの手段足り得るほど重要です。
特に、音楽をプリミティブな形に置き換えて、そこでアンサンブルをなしていこうとするならば、場合によってはメロディーの要素よりも重要な意味合いを持つ事が多々あります。

[音楽の4要素]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 01:02:46|
  2. D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピアノについて

ピアノという楽器はとにかく難しいです。

こういう事を書くと、他の楽器の奏者からは反論もあるでしょうけれども、例えば二十歳超えてから楽器を一から始めるとして、最もプロから遠い楽器がピアノである事に異論を挟む人はいないでしょう。

[ピアノについて]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 01:00:38|
  2. B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理論を学習する意味とは?

音楽を勉強している人からよくうける質問に、理論の話があります。
ある人は理論なんか意味がない、私は感覚でやりたいのだ、といいます。
またある人は、この音は理論的に正しいのですか?また、あの音は理論的にはどういう音ですか?と質問します。
どちらの質問者も理論を正しく把握しているといえません。
[理論を学習する意味とは?]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 00:57:56|
  2. B~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リズムについて

ジャズミュージックを志すものにとって、リズムをどう考えるか、リズム感をどう鍛えるか、ということはもしかしたら一生の課題なのかもしれません。
ドラマーに限らずジャズミュージックはリズムが命です。
しかし、リズムのことをあまりに深く考えてしまう余り思考が袋小路に陥る事はよくあり、また結果、リズムを必要以上に難しいものと考えてしまう傾向があります。
リズムとはそんなに難しいものではありません。

[リズムについて]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 00:56:04|
  2. C~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練習のこつ

2)練習のコツ

僕は練習は嫌いです。理由はしんどいからです。


  [練習のこつ]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 00:53:25|
  2. C~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

技術とは

1)技術とは。

練習しても上手くならない事を知れ、とはどういう意味か?
それは、技術とは手段である、という事を知れ、という事です。
ミュージシャンや、それを目指す人の多くは、技術=音楽である、もしくは音楽を表現する事と技術的に困難な事を演奏する事=アーティスティックな情念の吐露、とはき違えている場合が往々にしてあります。
[技術とは]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 00:51:37|
  2. C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感性について

2)感性について。

さて今度は芸術家に必要なものは何かということです。

感受性が感じ取るのは何も美しいものだけではあるとは限りません。 イラクでひどい事が行われている事や、オウムの事件や阪神大震災、もっと身近な事でもいっぱいつらい事やしんどい事はあります。
[感性について]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 00:49:55|
  2. A~D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感受性について 

1)感受性について。

音楽、その他の芸術を見聞きし、楽しむ為に知識は必要ありません。 必要なのは感受性です。 では感受性とは何か? 美しいものを美しいと感じれる能力の事です。 または、美しいものを見て、何かを感じ取る能力の事です。
美しい音楽を聞いて美しいと思えない人は音楽を聞く能力はありません。あたりまえの話ですが、そういう人たちは音楽を聞きたいと思わないでしょうし。 [感受性について ]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 00:44:22|
  2. A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめに

2004.12/26未明

ありがたいことに中村の考えが色々なミュージシャンや、それを目指す方々に読まれていることを知りました。
[はじめに]の続きを読む
  1. 2006/03/02(木) 00:41:59|
  2. はじめに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ